ご報告。

スポンサーリンク

IMG_4985

ご報告が遅れてしまいました。
心配していただいているみなさま、申し訳ありませんでした。

(以下とっても長文です。)

海人は自分の膝が脱臼することを理解しているのかしていないのか、というくらいここ2二日ほど前から
元気いっぱいです。
どちらかというと暑さにダレてる感はありますけれど。

こちらとしては元気でいてくれるのはとてもありがたいのだけれど、足が心配であまり遊んであげる事はできません。
彼としては何で遊んでくれないのか、理解出来ないと思いますので、少々不満顔です。

昨日は仕事で朝から夜の8時頃まで全くの一人だったのですが、
帰宅するとダッシュでやってきてベタベタに甘えてました。
最低週一回は一日出ている事があるのですが、いままでは同じシチュエーションでもここまで甘える事は無かったので、
何かしら彼も不安なのではないでしょうか。
猫は自分の習慣と、良い出来事と悪い出来事は結構憶えています。(その関連付けを間違うときはあるようですが)
彼の足は先天性のものなので、幼少の頃に調子が悪いとき
一人で不安だったり、何か悲しい事があったのかもしれませんね。

ところで、問題の海人の足ですが、結局今週末、金曜日にオペをしてもらうことにしました。
はじめはもう一週間様子を見ようと思っていたのですが、日曜日の様子を見ていると、
どうももう癖になってしまっているようで、ちょっとした事で膝が抜けてしまいます。
彼が12歳以上とかの老猫ならじっくりそれと付き合っていくのもありだとおもいますが、
彼はまた11ヶ月ですので、このままずっと不自由なのは可哀想すぎます。
結局はボクの勝手な解釈ですが、その方が良いと思いました。
右足を庇うために同じように爆弾を抱えた左足に負担がかかるのも問題です。

そうと決まれば早いに越した事はないので、日曜日の昼過ぎに先生に連絡をとって、
その旨を伝え、お互いの日程を調整して金曜日に決まりました。
うちの先生は、去勢からご飯の相談に結膜炎、怪我をした時は
「今から打ち合わせに行くからこのままちょっと預かっててください 」
なんていう無茶も一発返事で快諾してくれる先生です。声がおっきい先生です。
入院もトリミングもホテルもやってます。パピー・マタニティ教室なんてのもやってます。
ちなみに病院のキャッチは犬・猫・うさぎ・ハムスター・フェレット・ライオン(?)・象(?)、全ての動物に対応!
(ライオンとか象が通院して来て欲しい!!・・・・先生が行く事はあっても来る事は無いだろうけれど)

話がちょっと逸れましたが、手術当日の午前0:00からはご飯抜き・・・・。
水はOK。

薬は手術日までずっと錠剤を2錠(直径3mmくらいのちっさいのと7mmくらいのでっかいの)を朝晩服用です。
海人は粉薬などをえさに混ぜてもまず食べようとしないので、
確実に飲ませるために錠剤を口に放り込んで、ごっくんとさせています。
カミサンと二人でやると楽ですが、最近は一人でもそれなりにスムーズに出来るようになりました。
こういうのに慣れるのもどうかと思いますね。

今回はとりあえず右足のみのオペです。
いろいろ事例を聞かせていただいたのですが、片方が改善されると反対側も改善される事があるそうで、
それを期待します。先天性の膝蓋骨脱臼症は股関節も浅くて抜け易いなどの症状を併発している事があるようですが、
海人の股関節は大丈夫でした。

膝蓋骨脱臼症は小型犬(チワワとか、あと色々〜すいません忘れました)には多いそうで、だいたい25%ほど。
猫はやっぱり少ないらしく5%ほどだそうです。
猫や小型犬の場合は膝が内側に抜ける事が多いそうですが、
大型犬になると、外側に抜ける事が多いとか。
膝蓋骨脱臼症で膝に障害が起きると、うちの子もそうですが、X脚っぽくなります。
大型犬の様に外側に抜ける場合はO脚っぽく(ガニ股)なるようです。
子猫や子犬を飼っておられる方は、一度じっくり観察してみて、
不安なら相談してみるのも良いかもしれません。先天性なら痛がったりしませんので注意が必要です。
海人は膝が抜けていても全く痛がりません。
ただ、調子が悪いとは思っているようなので、ストレスは溜まるようです。

ここを見に来て頂いているみなさんはボクなんかよりもずっと理解されていると思いますが、
健康であってもやっぱりそれなりに金銭的な面でいろいろ掛かります。
病気や怪我、パニック症候群などを起こしてしまった場合には精神的な面でもいろいろ出てきます。
そういった時に、放っておく人や投げ出す人もいると聞きました。

月並みですが、これからペットを飼いたいと思う人は飼う前に必ず自問自答してくださいね。

「何があっても一生面倒みれるのか」 。

それが全てだと思います。カブトムシでもハムスターでもミニ豚でもライオンでも象でも同じです。

IMG_4984

今回はノーファインダーで撮影してみたので、なんとなく変なアングル。
しかも普段と違う撮り方なので、海人もちょっと怪しんでます(笑)
支離滅裂な長文ですいません。 この写真を見てると駄文を批判されているように思えてきます(笑)


“ご報告。”に6件のコメント

  1. 海人くん、オペすることになったんだね。
    しばらくは不自由な思いをするでしょうけど、完治すれば思いっきり遊べるようになるよ^^

    それにしても海人クンの足(膝の脱臼)が先天的なものだということは、ペットショップの
    責任が問われるところですよね。。。 内科的な検査は定期的にしてるんだろうけど、外科
    的な診断はなされていたのでしょうか? たくさんの動物を抱えてるショップで1匹1匹を
    綿密にケアすることは難しいんだろうけど、脱臼を起こしていた海人クンの症状に気付いて
    あげてほしかったですね。(ノェ`*) あ、でも、もし脱臼が認められてたら海人クンはショップ
    の店頭に並ぶことがなかったんかな?・・・そしてakiraさんと巡り合うこともできなかったのか
    と思うと複雑な思いがします。

    痛みはそんなに感じてないとしても違和感のある足。 akiraさんにいつも以上にベッタリ甘える
    ことで無意識に不安な気持ちを抑えようとしているのかも・・・と思うとセツナイです。。(゚うェ´゚)゚。

    ライオンやゾウさんまで なんでもこーい!の獣医さん 頼もしいですね^^
    右足が快復することで両足ともよくなりますように⌒☆ 応援してるよ!海人クン!
    (akiraさん、とても詳しく報告してくださってありがとうございました。勉強になりました)

  2. ゆっこ♪さん

    そうなんです。オペすることにしました。
    それで元気になってくれるのであれば、その方がいいような気がしまして^^

    ペットショップについては、まぁ何も言うつもりはありません。
    突然ショップからコメントなどが来て、言ってもいないのに
    「うちのせいじゃありません」
    とか書き込まれていればブチ切れしますけど(笑)
    逆に利害関係無しに心配なんてしてくれようものなら
    ものすごく感謝したりするでしょうね^^
    ボク個人の心理なんて、実に勝手なもんです(笑)

    ボクの実家とその周りには野良も含めて結構沢山の猫たちが今でも暮らしています。
    実家では2匹の兄弟がのんびりと暮らしています。
    今でもたまに実家へ帰ると、近所の野良や飼い猫たちが相手をしてくれますよ。
    そんな連中と「元気か?」なんていいながら暮らしていた頃は
    ペットショップはご飯と猫砂を買うところ。ブリーダーさんなんて遠い異国のお話のようでしたから(笑)
    そもそも野良にはそういった出所なんて無かったですし、猫は向こうからやって来るものと思ってました(笑)
    選ぶ権利は向こうにあるって感じですかね(笑)
    正直まさか自分がショップで猫を・・・なんて思ってもみませんでしたし(笑)
    ですから猫や犬を飼ったら(住み着いたら?)、まず信用できる獣医を見つける事って感じでした。
    海人がうちに来た時もうちの周りの獣医さんをくまなく調べたおしました(笑)
    まぁ出会ったのが運。
    海人が家に来て良かったと思ってくれていればそれで全てOKな気がします。

  3. 海人くん、手術ですか・・・・。
    オペで良くなるのなら、私もそうすると思います。
    片方の足を庇ってると、もう片方までもっと悪くなってしまうこともありますもんね。
    英断だと思いますよ。
    記事を読んでて、思わず花梨の歩き方を見てしまいました(苦笑)

    それにしてもかかりつけの獣医さんはポイント高いですね~!!
    こういう獣医さんばかりならいいのに・・・。
    獣医さんとの信頼関係がなくっちゃ、手術には臨めませんよね。
    海人くん、がんばれーーー!!!

  4. 金曜日に決まったんですね。
    私も花梨さんと同じく、良くなるならそうすると思います。
    海人くんは若いし、これからますます遊びたい盛りの時期だし、
    気兼ねなく思いっきり遊べるようにしてあげたいですもんね。

    いい獣医さんとお付き合いされているようだし(これは本当に重要)、
    安心してお任せできそうですね。
    腕(まずはなによりも)、情(動物に対する)、相性(人間同士の)など
    人間のお医者さんよりも、口のきけない動物を委ねられるお医者さんを
    探すのは大変ですよね。

    私も自分のブログで書きましたが、本当に動物を飼うのは色々な面で大変です。
    必ず覚悟と責任を持って飼って欲しいと心から思います。
    そして家を求めているあらゆる動物がそういう飼い主と出会えることを祈ります。

    海人くんは出会えましたね。本当に良かった。
    ペットショップから救い出してもらえて、こんなに心配してもらえて。
    だから無事に手術が終わって、早く今よりももっと元気になってね。
    おおはしゃぎしてる写真を見られるのを楽しみに待ってます。

    akiraさんも過剰に心配せず、どっしり構えていてあげてくださいね。
    不安は伝わりますから。
    そして短くてもいいから、状況知らせてくださいね。

    あ、私も前の猫の時、一時期ライオンも診ていた獣医さんにお世話になっていました。
    残念ながら通院してくるライオンに会えませんでしたけど(笑

  5.  良かった良かった、我が事のようにうれしいです。
     自分の左肩脱臼手術も、完治してからは世界が変わりました。

     彼も実感できると思いますよ。

     良い事をしてあげましたね。

  6. ●花梨。さん
    ありがとうございます。
    これですっかり治ってくれる事を信じてます。
    今も元気は元気なのですが、
    おもいっきり走ったり出来るようになってほしいです^^

    ●COGさん
    ありがとうございます。
    そうです。気兼ねなく遊んでくれるようになってほしいのが一番です。

    不安が伝わらないようにずっと平常心を保つようにしています^^
    また状況はご報告いたしますね。

    クロネコさんのあの車・・・・やっぱり買おうかなぁ。
    カミサンに捨てられないようにしないと(笑)

    ●Uribouzさん
    ありがとうございます。
    手術を決めてからも正直ちょっとだけ、
    「これでいいのかなぁ」
    なんて思う瞬間がありました。
    でも完治してくれた方がよいですし、
    手術なしでは海人の場合は完治は無理だろうと先生もおっしゃってました。
    症状をみているとボクもそう思いました。

    あとはオペがうまくいくことと、経過が順調で完治してくれる事を願うのみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください