ずっと変わってないブラッシング道具。

スポンサーリンク

Camera:Canon 30D Lens:SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

 はい、何とか最低でも1週間に3回はブラッシングしようと心がけ、週に1回くらいになってるうちのブラッシング事情。

 最初の頃はブラッシングのブラシ沼といいますか、どれが良いのか随分いろいろ試してみたのですが、結局この辺りを普段使ってる感じです。あ、左側のファーミネーターもどきはほとんど最近はほとんど使ってません。空の毛玉を取るときにちょっと使うくらいかな。

Camera:Canon 30D Lens:SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

 空はもう終わってどこかに行っちゃいました。
海人も空もブラッシングが好きなようで、ブラシ類の入ったカゴを持って歩くとついてきてスタンバイしてくれます。ちなみに気が済むとこっちが気が済まなくても逃げます。
 (背景がえらいことになってますが、気にしないでください)

 大抵は一番上の写真の左から二番目の白い、ステンレスのピンの先に丸いカバーが付いた感じのやつから始めます。

Camera:Canon 30D Lens:SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO
はよせーよ。。。。

 で、そのあとはその隣の茶色い柄のついた細かいブラシ。
海人はそのあとは手でブラッシング、って感じです。
空は櫛タイプも使う。毛玉が酷いときはファーミネーターもどきやハサミで処理します。

最後に手で撫でるとなんだか喜んでくれてるような気がします。

Camera:Canon 30D Lens:SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

 おとなしいので楽です^^

で、最後の最後に、

Camera:Canon 30D Lens:SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

 ピントが合ってませんが、取れた毛玉のチェックをして終了(笑)

 海人だけだと、ブラッシングをサボると部屋に落ちてる毛が増えたり、抱いたときにつく毛の量がすごいぞ〜って感じなだけなのですが、空はブラシングをサボるとすぐに毛玉を吐いて調子が悪くなったり、体に毛玉が出来ちゃってもうすごいことになっちゃうので、長毛種はちょっと大変だなぁって最初は思ってました。

 慣れるとブラッシングもお互いに良いコミュニケーションになるし、体を触って異常がないかもチェックできるので、やって損はないと思いますよ。

 

 ちなみに、今のモデルだとこんなやつ(試しに貼ってみます)。

ペティオ プレシャンテ 猫用回転スリッカーブラシ 国産 日本製 手入れ用品 Preciante プレシャンテ ブラシ 猫 ネコ 短毛猫 長毛猫 まわるヘッドで猫の抜け毛もつれとり 抜け毛を取ってスッキリとした被毛へ Petio

価格:1,188円
(2019/7/20 09:45時点)

ペティオ プレシャンテ ダブルブラッシングブラシ M 手入れ用品 Preciante 犬猫用 イヌ ネコ 長毛用 両面使る ピンブラシでときほぐしナイロンブラシで汚れを取れば美しい被毛へ ソフトラバークッション 奥まで届く段カット植毛がフケ ホコリを取る Petio

価格:909円
(2019/7/20 10:01時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください